XM口座開設できない【原因と解決方法は簡単だった】

xmkouzakaisetudekinai

XMで「口座開設ができない」といった人がいます。

その理由はさまざまであるため、原因と解決方法について解説します。

この記事で理解できること

  • XM口座開設できない5つの原因
  • 有効化できない=「口座開設できない」ケース
  • 週末の審査期間

XM口座開設できない【原因と解決方法】①

そもそも、本当にXMで口座開設できない人はいるのでしょうか。

基本的に証券会社は、口座開設を促すために莫大な広告費を投入しています。

もちろん、XMトレーディングも然りです。

それにも関わらず、XM側が拒否するなんて俄かには信じ難いことです。

と、言いたいところですが実際に存在するため、原因について解説します。

XM口座開設できない原因

XMで口座開設できない原因として、以下いずれかに該当していることが考えられます。

口座開設できない原因

  • 入力情報に誤りがある
  • 公式サイト以外で口座開設しようとしている
  • すでに口座開設履歴がある
  • メールアドレスが正しくない
  • ブラックリストに指定されている

それでは、順番に解説していきます。

入力情報に誤りがある

XM口座開設は、個人情報の入力⇒投資家情報の入力⇒口座有効化のために書類提出、という流れで完結します。

例えば、個人情報・投資家情報の入力については「ローマ字で記入」「カタカナで記入」というように、項目ごとに入力方法は異なります。

ここで、正しく記入できずにエラーを繰り返してしまい「口座開設できない」と感じてしまう人もいます。

こうした人は、次の記事を参考に「適切に入力できているかどうか」を確認するようにして下さい。

公式サイト以外で口座開設しようとしている

XM口座開設を促すサイトが乱立しているため、公式サイト以外から行おうとしてしまう人は多いです。

しかし、これは止めた方が良いです。

結果的に、口座開設の遅延に繋がったり開設そのものが上手くできなかったりするためです。

他にも、「本来付与されるはずの特典やボーナスが貰えなかった」というような事例も報告されています。

こうした事態を避けるためにも、XM口座開設は必ず公式サイトから行うようにしてください。

>>XM公式サイトから口座開設する

すでに口座開設履歴がある

これは極稀なケースですが、過去に口座開設し、それを忘れてしまっているパターンです。

つまり、無意識に2回目の新規口座開設をやろうとしているわけです。

XMは最大8個まで口座を保有することができるものの、それは「追加口座」として開設しなければなりません。

つまり、すでに新規口座を開設しているにも関わらず、もう一度新規口座を作ろうとするとエラーになってしまいます。

なお、この場合はメールアドレス入力時に「このアドレスはすでに登録されています」と表示されます。

もし、該当するようであれば追加口座開設を試みるようにしましょう。

メールアドレスが正しくない

当たり前ですが、メールアドレスが誤っていれば口座開設プロセスが完全に止まってしまいます。

入力したアドレスが正しいかどうかを確認するようにしてください。

また、記入したアドレスが正しくても下記に該当していれば「XMからメールが来ない」という事態に陥ることもあるため、注意してください。

XMからメールが来ないケース

  • 迷惑メールフォルダに混入している
  • メールが受信拒否設定になっている
  • 古い携帯のメールアドレスを登録している
  • XM口座が凍結されている

こうしたことを改善するためには、次の記事が参考になります。

ブラックリストに指定されている

もし、過去にXMの規約違反を繰り返しているようであれば、ブラックリストに載っている可能性があります。

そうなると、口座開設は不可能です。

例えば、次のようなルール違反の履歴がないかを確認してください。

ブラックリスト行為

  • XM内の複数口座を使って両建て取引を行った
  • XMと他業者を使って両建て取引を行った
  • アービトラージを行った
  • 個人情報を偽り、複数回ボーナスを受け取った

上記いずれかを行った場合は、ブラックリストに載っている可能性が高いです。

もし該当するのであれば、XMそのものを諦めるしかありません。

XM口座開設できない【原因と解決方法】②

前述の通り、XMは個人情報を入力後、口座有効化しなければトレードはできません。

ここで躓いて「口座開設できない」と嘆いている人は意外と多いです。

では、口座有効化できない原因は何なのでしょうか。

本人確認書類に不備がある

口座を有効化する際、「本人確認書類を2通」提出する必要があります。

身分証明書と住所確認書類の2つです。

そもそも、この書類がXM規約に定まったものでなければ提出しても有効化できません。

なお、提出書類には次のルールがあるため、適切にアップロードするようにしましょう。

本人確認書類:アップロードルール

  • 本人確認書類は「両面」の鮮明なカラーコピー、かつ有効期限内のもの

  • アップロードした書類全体が鮮明であること

  • ファイルのフォーマットはGIF・JPG・PNG・PDFのいずれか

  • ファイルの最大サイズは5MBまで

本人確認書類と入力情報が異なる

「身分証明書」「住所確認書類」を適切にアップロードしたにも関わらず、口座開設できない場合は入力情報が正しいか確認してください。

当たり前ですが、入力情報と提出した本人確認書類の内容にズレがあれば口座開設できません。

提出書類の住所が過去のものであったり、名前が一致していなかったりしないか確認してください。

書類提出から有効化までの審査期間

すべてが順調に進んでいたとしても、有効化までには一定の審査期間が必要になります。

基本的には24時間以内で完了するものの、週末に申請すれば話は別です。

ここで、時間がかかり過ぎて「口座開設できない」と不安になり人もいます。

例えば、週末に有効化手続きを行った場合は下記のようになるため、過度な不安は不要です。

週末に有効化手続きを行った場合

※有効化のために、書類提出を行った曜日・時間

  • 金曜日の夜 = 審査結果は月曜日 = 50時間以上かかる
  • 土曜日の夜 = 審査結果は月曜日 = 36時間以上かかる
  • 日曜日の夜 = 審査結果は月曜日 = 24時間以内

このように、週末をまたぐことで審査が遅れているだけの可能性があります。

慌てず、審査完了の通知を待てばOKです。

XM口座開設できない【原因と解決方法】まとめ

記事のポイントをまとめます。

XMで口座開設できない原因は次の5つ

  1. 入力情報に誤りがある
  2. 公式サイト以外で口座開設しようとしている
  3. すでに口座開設履歴がある
  4. メールアドレスが正しくない
  5. ブラックリストに指定されている

有効化できない=「口座開設できない」と感じる人のケース

  • 本人確認書類に不備がある
    ※身分証明書・住所確認書類
  • 入力情報と提出した本人確認書類の内容にズレがある

有効化までには一定の審査期間が必要
※週末は最大50時間以上かかる

>>XM口座開設方法の手順:TOPページへ戻る

© 2020 XM口座開設方法の手順:日本語のやり方【完全カリキュラム】 Powered by AFFINGER5