XM口座開設後の【確定申告や書類】やり方・書き方を解説

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

XM口座開設後にトレードを行い、ある程度の利益を得たら確定申告が必要です。

XMでの取引で発生した利益には、税金がかかるからです。

そこで、次の内容を解説していきます。

この記事で理解できること

  • 確定申告とは
  • 必要な書類
  • 手元に用意すべき書類
  • 確定申告のやり方・書き方(ネット版)
  • 納税方法の種類4つ

※海外FXの税金や税率計算、節税方法について学びたい人は次の記事が参考になります

XM口座開設後の【確定申告や書類】やり方・書き方

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

「海外FXで出た利益なら日本の税金とは無関係では?」と考えてしまう人もいますが、そうではありません。

日本に在住している限り、納税の義務からは逃れられないからです。

1年間で得た利益を通算し、「確定申告」で必要な税金を支払う必要があります。

自営業の方なら確定申告の手続きも慣れたものでしょう。

一方、サラリーマンや主婦で確定申告の経験がなく、やり方がわからない人も少なくありません。

納税は義務であり、「わからない」「忘れていた「手続きの仕方が分からない」では済まされないため、確定申告の意味や、やり方について解説します。

確定申告について理解する

そもそも、確定申告とは自分が納めるべき所得税の納税額を確定する手続きのことです。

前年の1月1日~12月31日までに得た収入や支出、各種控除を計算することになります。

確定申告の期限は、毎年2月16日~3月15日の1ヶ月間です。

この間に確定申告の提出と納税を済ませる必要があります。

サラリーマンであれば、会社が所得税を給料から天引きする「源泉徴収」という方法できちんと納税しているはずです。

この場合は、確定申告の必要はありません。

一方、XMで取引を行い「給料以外の収入を得ているなら」自分で申告することになります。

もちろん、収入がXMのみという方であっても、確定申告と納税の義務は課せられます。

以下は、確定申告が必要になる人の条件です。

確定申告が必要になる条件

  • 会社に勤務しつつ、副業で利益を得ている人=20万円以上の利益が出たとき
  • 専業で利益を得ている人=38万円以上の利益が出たとき

上記に当てはまる人は確定申告が必要になります。

一方で、該当しないなら納税義務はありません。

確定申告の基本的な手順

ここからは、確定申告の手順について解説します。

まずは必要な書類を準備します。

確定申告には正確に数字を書く必要があるため、必ず書類を見ながら記入するようにしてください。

源泉徴収票・控除証明書

確定申告には、1年間の「全ての収支」を記入する必要があります。

そのため、本業のお仕事がある場合はXMの収支だけでは記載が不十分となります。

必ず源泉徴収票を用意するようにしてください。

また、控除を受けている場合はそれらの金額も必要になります。

確定申告に必要な書類

  • 源泉徴収票(給与がある方)
  • 各種控除の証明書

年間取引収支証明書・領収書

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

確定申告に、XMでの取引書類を添付する必要はありません。

ただ、正確な取引額を把握するために用意はしておきましょう。

特に、海外FXで得た利益については、後に税務署から問い合わせがあるケースもあります。

こうしたとき、間違いが発覚したり不安になったりしないよう、きちんとチェックしておくべきです。

年間取引収支証明書については、XMの取引履歴ページから日付を指定すれば一覧が表示されます。

また、確定申告は「利益-経費」が課税対象になります。

つまり、可能な限り多くの経費を計上することで節税につながります。

例えば、次のようなものです。

  • パソコンやモニター代金
  • FXの教材費用
  • セミナー費用

「セミナー会場までの交通費」なども必要経費として認められることもあります。

日頃から意識して領収書を管理しておくことが大切です。

上記以外にも副業に関係している領収証はきちんと保管しておき、申告時に計上するようにしてください。

用意すべき書類

  • XMの年間取引収支証明書
  • 経費に関する領収書

確定申告書の作成【e-Tax・書面提出】

確定申告書は税務署にもありますが、近年ではネット上で作成するのが一般的です。

国税庁の確定申告書等作成コーナーより、「作成開始」で始められます。

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

「e-Tax」と「書面提出」が選べますが、これはお好きな方でOKです。

e-Taxはネット上で完結する確定申告なので、添付書類も必要なく手続きが簡便です。

ただ、代わりマイナンバーカードが必要になります。

書面提出はe-Taxが使えない方向けですが、添付書類が必要だったり書類を郵送する手間があったりします。

選択すると、申告書の選択画面に移るため、「所得税コーナーへ」をクリックしてください。

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

 

次に、赤枠の「全ての所得対応」の作成開始をクリックします。

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

 

あとは、源泉徴収票などを確認しながらその通りに必要事項を記入していきます。

XMの所得は「雑(その他)」→「上記以外(報酬等)」で入力画面に映ります。

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

 

種目は「証拠金取引」、名称は「Trading Point (Seychelles) Limited」、場所は「F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles」と入力しましょう。

xmkouzakaisetukakuteishinnkoku

「XM Trading」は会社名ではなく、ブランド名になります。

確定申告時には提供している会社名を書くのが正しいので、上記の通り記入して下さい。

その他の必要事項を記入し、提出すれば確定申告は完了です。

4つの納税方法

確定申告書を提出したら、あとは算出された納税額を納税すれば完了です。

確定申告書の提出だけで満足して納税を忘れてしまっては本末転倒なので、気をつけましょう。

また、確定申告後に税務署から納付書の送付や通知がくることはありません。

確定申告は、全て自分で申告して納税する必要がある、ということです。

納税方法は、以下の4種類です。

納税方法は4つ

  • 現金
  • クレジットカード
  • e-Taxでの電子納税
  • 振替納税

XMでの確定申告は厳しい追求がある?

XMでの取引は、日本から監視の目が届きにくい海外投資になります。

そのため、日本国内の税務局はかなりの関心を持って注視しています。

特に、国内FXのレバレッジ規制以降は海外FXへの流入の勢いが凄まじいです。

狙って脱税する人もいるため、海外FX業者での取引というだけで疑いの目を向けられてしまうこともあります。

こうしたことから適当な確定申告では、税務署から厳しい追及を受け痛い目を見ることもあります。

だからこそ、きちんとした手続き、かつ正確な確定申告を行うことが適切です。

利益がなくても海外送金の額はかさむ

XMでは入出金は海外口座で行われることが多いと思います。

例えば、100万を入金して30万円の利益が出たとします。

そして、130万円全額を出金します。

これを5回繰り返すと利益は150万円であるものの、口座からの出金額は「130×5=650万円」になります。

そうなると、海外FX業者を利用している場合は注意が必要です。

金額が大きいと、最寄りの税務署にレポートが送られるようになっているからです。

海外FX口座から国内口座へ送金するとき、1回100万円を超える金額ならレポートは送られます。

頻度が多ければ、後に税務署から出金額の詳細提示を求められることがあります。

このとき、確定申告後に内容と整合性がとれていないときには、かなり厳しく指摘されます。

海外FXを利用するなら単純な利益だけでなく、送金額にも注意する必要があるということです。

国内業者であれば、該当しません。

XM以外の雑収入もすべて合算

XMでの利益は、他の雑収入と合算する必要があります。

例えば、XM以外にも他の海外FX業者を利用しているなら、その収入も確定申告には必要です。

仮想通貨での利益や損失がある場合にはそれも合算します。

XMで40万円の利益が出たとしても、他の海外FXで30万円の損失が出ているなら、確定申告は必要ありません。

改めて下記を確認し、該当していれば確定申告するようにしてください。

確定申告が必要になる条件

  • 会社に勤務しつつ、副業で利益を得ている人=20万円以上の利益が出たとき
  • 専業で利益を得ている人=38万円以上の利益が出たとき

XMを利用した節税方法は存在しない

「上手な節税方法はないか?」と考えがちですが、XMに関して特別な節税方法はありません。

全てを正しく記載し、可能な限り経費計上することが最高の節税方法になります。

海外FXという性質上、ただでさえ色眼鏡で見られてしまうため、下手なことをすると余計な追求を受けてしまいます。

余計な労力を使わないためにも、最初からきちんと確定申告することをおすすめします。

ちなみに、一度確定申告が通れば次年度以降からほとんどのケースで指摘は受けません。

XM口座開設後の【確定申告や書類】やり方・書き方 まとめ

記事のポイントをまとめます。

確定申告とは自分が納めるべき所得税の納税額を確定する手続き

  • 前年の1月1日~12月31日までに得た収入や支出、各種控除を計算する
  • 確定申告の期限は、毎年2月16日~3月15日の1ヶ月間

確定申告に必要な書類

  • 源泉徴収票(給与がある人)
  • 各種控除の証明書

用意すべき書類

  • XMの年間取引収支証明書
  • 経費に関する領収書

可能な限り経費計上することが節税のコツ

確定申告はネット上で可能 ※下記いずれか

  1. e-Tax
  2. 書面提出

※他の雑収入と合算して申告すること

納税方法は次の4種類

  1. 現金
  2. クレジットカード
  3. e-Taxでの電子納税
  4. 振替納税

海外FXの利益は税務署に目を付けられやすいので注意
※高額出金を繰り返すと情報提示を求められることあり
※最寄りの税務署にレポートが送られる

特別な節税方法はない
※すべて正直に計上すること

>>XM口座開設方法の手順:TOPページへ戻る

© 2020 XM口座開設方法の手順:日本語のやり方【完全カリキュラム】 Powered by AFFINGER5