XM口座開設【3種類の口座タイプを完全解説】

xmkouzakaisetukouzataipu

XM口座開設するとき、3種類の「口座タイプ」から1つを選択する必要があります。

XMの口座タイプ

  • スタンダード口座
  • ゼロ口座
  • マイクロ口座

上記の通り、この中から好きな口座タイプを選びます。

最もメジャーで人気があるのは「スタンダード口座」であり、基本的にはこの口座を選択すればOKです。

ただ、「それぞれの特徴を知りたい」という人のために、各口座の違いについて解説します。

XM口座開設【3種類の口座タイプについて】

xmkouzakaisetukouzataipu

前述の通り、XMには3種類の口座タイプがあり、それぞれに特徴があります。

まずは、ざっくりと性質について理解してください。

各口座の性質

  • スタンダード口座 = デイトレードやスイングトレード向き
  • ゼロ口座 = スキャルピング向き
  • マイクロ口座 = 小額投資向き

それでは、順番に解説していきます。

スタンダード口座

最も利用者が多く、一般的な口座がスタンダードです。

理由は後述しますが、少しでも悩んだらスタンダード口座を開設しておくべきです。

スタンダード口座の特徴

  • レバレッジ888倍:3種類のボーナスを獲得できる
  • 0.01ロット(1000通貨)~50ロット(500万通貨)まで取引できる
    ※1ロット=1万通貨

ゼロ口座

ゼロ口座はスプレッドが狭いため、「スキャルパー(スキャルピングが好きな人)」に好まれています。

ただ、入金ボーナスやキャッシュバックは一切無く、スプレッドが狭いかわりに「取引手数料」が必要になる、という非常に悩ましい口座でもあります。

※取引手数料などの詳細についても後述します

ゼロ口座の特徴

  • レバレッジ500倍:ボーナスは無し
  • 0.01ロット(1000通貨)~100ロット(1000万通貨)まで取引できる
    ※1ロット=1万通貨
  • スプレッドが狭いかわりに「取引手数料」が発生する

マイクロ口座

「XMで取引する意味があるのか?」と思ってしまうほどミニマムな口座がマイクロです。

また、最小ロットが小さいだけで、仕様はスタンダード口座と全く同じです。

投資資金が少なかったり、リアル口座で練習したかったりする人に向いています。

マイクロ口座の特徴

  • レバレッジ888倍:3種類のボーナスを獲得できる
  • 0.01ロット(10通貨)~50ロット(5万通貨)まで取引できる
    ※1ロット=1000通貨

3種類のXM口座タイプ比較表

それぞれの口座タイプを適切に理解するため、比較表を作成したので参考にしてください。

項目 スタンダード口座 マイクロ口座 ZERO口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
ロスカット維持率 20% 20% 20%
1ロット 10万通貨 1000通貨 10万通貨
最小ロット 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(10通貨) 0.01ロット(1000通貨)
最大ロット 50ロット 50ロット 100ロット
ゼロカット・追証 ゼロカットシステム対応・追証なし
入金手数料 無料 無料 無料
最低入金額 500円(5$) 2万円(200$)
入金反映時間 クレジットカード(即時反映) ・国内銀行送金(着金後) ・ビットコイン(即時~30分)
日本語対応
出金手数料 無料(2万円未満は3,000円前後の手数料)
銀行出金:別途リフティングチャージ(受取手数料:約5,000円)
取引手数料 無料 無料 往復10ドル/1ロット
通貨ペアの種類 FX/57種類
コモディティ/8種類
株式指数/30種類
貴金属/4種類
エネルギー/5種類
取引プラットフォーム MT4・MT5
両建て 同一口座〇・複数口座×・異業者間×
平均スプレッド ドル円2.0pips・ユーロドル1.9pips・ユーロ円2.7pips 0.1pips~
口座開設ボーナス 3000円 3000円 3000円
入金ボーナス100% 入金100%ボーナス(500$) なし
入金ボーナス20% 入金20%ボーナス(4,500$) なし
キャッシュバック 1ロット往復取引 = 3.3ドル~6.6ドル なし

さらに深掘り解説

上記比較表を見てみると、スタンダード口座とマイクロ口座の仕様は全く同じことがわかります。

違うのは、「最小ロットだけ」です。

  • スタンダード口座の最小ロット = 10000通貨
  • マイクロ口座の最小ロット = 10通貨

つまり、マイクロ口座に関しては、次のような人が向いています。

マイクロ口座がおすすめな人

マイクロ口座を選ぶべき人

  • 超少予算ユーザー(投資資金が非常に少ない)
  • デモ口座ではなく、リアル口座で練習したい

上記2つに当てはまる人以外、マイクロ口座を使う意味はありません。

ゼロ口座がおすすな人

一般的に、ゼロ口座は「スプレッドが狭いのでスキャルピング向き」と言われています。

確かにそうなのですが、決定力に欠ける判断の難しい口座でもあります。

それは、スタンダードやマイクロよりスプレッドは狭いものの「10万通貨取引ごとに5ドルの手数料」を取られてしまうからです。

そして、スプレッドもゼロというわけではありません。

また、ボーナスとXMPポイントが獲得できず、取引は通貨ペア&貴金属のみでCFDは不可です。

これを踏まえると、次のような人がゼロ口座に向いています。

ゼロ口座を選ぶべき人

  • 10万通貨未満でガンガンスキャルピングをしたい人
  • ボーナスやXMPポイントが不要な人
  • CFD取引はやらない人

こうした人は、ゼロ口座を選択してもOKです。

ただ、個人的には「ボーナスが貰えない」という点が最大のデメリットだと感じます。

XMトレーディングのボーナスは非常に充実しており、入金額の倍以上を受け取ることができるからです。

もっと言うと、最大50万円以上のボーナスを獲得することも可能です。

「それでもボーナスはいらない!」という人は、ゼロ口座で良いと思います。

スタンダード口座がおすすめな人

正直なところ、XMトレーディングを活用する上で「避ける理由がない口座」がスタンダードです。

この口座は、XMトレーディングのメリットをすべて傍受できます。

スタンダード口座を選ぶべき人

  • 口座開設ボーナス3000円を受け取りたい人
  • 最大50万円以上のボーナスを受け取りたい人
  • XMPポイント(ロイヤリティプログラム)を活用したい人
  • デイトレード・スイングトレードがメインの人
  • ハイレバ取引をしたい人

このように、スタンダード口座であれば3種類のボーナスすべてを獲得できます。

また、基本的にはデイトレやスイング向きであるものの、スプレッドが広いわけではないためスキャルピングも可能です。

※ボーナス獲得方法については、前述した参考記事で詳しく解説しています

XM口座開設:3種類の口座タイプは理解済

以上のように、3種類の口座タイプから1つを選ぶとき、あえてスタンダード口座を外す必要はありません。

スタンダード以外の口座を選択するメリットが弱いからです。

ただ、そうは言っても各自の環境は異なるため、自身に合った口座選定をするようにしてください。

>>XM 口座タイプを選ぶ

>>XM口座開設手順:TOPページへ戻る

© 2020 XM口座開設方法の手順:日本語のやり方【完全カリキュラム】 Powered by AFFINGER5