XM口座開設【MT4とMT5の違いを徹底解説】

xmkouxakaisetumt4mt5

XM口座開設をするとき、取引プラットフォームを選択する必要があります。

つまり、MT4とMT5のどちらを使用するか決定するということです。

ただ、どちらもトレードに直接影響するものではなく、迷ったらMT4を選んでおけば問題ありません。

そうは言っても、「違いを知りたい」という人のために、MT4とMT5の特徴を解説していきます。

XM口座開設【MT4とMT5の違い・特徴】

MT4とMT5の違いや特徴を分かり易く理解するため、表にまとめてみました。

項目 MT4 MT5
動作のスピード 遅い 早い
時間足の数 9種類 21種類
気配値ウィンドウの機能 機能が少ない 機能が多い
モバイルアプリの機能 機能が少ない 機能が多い
板情報の有無 なし あり
標準搭載インジケータの数 30種類 38種類
カスタムインジケータ・EAの数 豊富 少ない
両建て OK OK
ストラテジーテスター OK OK
ワンクリック注文 OK OK
アップデートの回数 4回以上 14回以上
対応しているFX業者 ほぼ対応 一部のみ

こうして比較すると、スペックはMT5のほうが良いことは間違いありません。

ただ、「裁量トレーダーで特別なインジケータを使いたい」という人には微妙なところです。

一方で、「チャート分析を徹底的に行いたい」という意図があるなら、時間足の多いMT5のほうを選択すべきです。

つまり、用途によって利便性は異なるものの、「普通にトレードするだけなら、MT4とMT5のどちらでもOK」ということです。

もう少し違いを解説します。

MT5は動作スピードがとても速い

MT4とMT5の最も大きな違いは「動作スピード」です。

MT5に重さはなく、サクサク動くのでストレスがないです。

一方で、MT4は時々、「あれ、なんか重いな」というように遅さを感じることがあります。

ただ、この現象は10通貨以上のチャート画面を表示したときによく起こります。

そのため、基本的に3~5通貨ほどしか使わない人にとっては、あまり遭遇する現象ではないです。

また、MT4の重さがトレードに影響するほどかと言えば、そうではありません。

そうは言っても「速いに越したことはない」という意見も理解できるため、そこを注視したいならMT5を選べばOKです。

再度、違いをテキストでまとめてみる

MT4・MT5の違い

  • MT5の方が「動作スピード」が速い
  • MT5の方が「時間足」の種類が多い
  • MT5の方が「気配値」「ナビゲーターウィンドウ」が使いやすい
  • MT4の方が「インジケーター」の種類が多い
  • MT4の方が「EA(自動売買ソフト)」が多い
  • MT4の方が多くの「証券会社」に対応している

上記の通りです。

私のように、「対応できる証券会社が多い」という理由だけでMT4を選ぶユーザーもいます。

※特にMT4を推奨しているわけではありません

時間足の比較

前述の通り、時間足の数には大きな差があるため、下記に記します。

MT4の時間足【9種類】

  • 分足:M1(1分足) M5(5分足) M15(15分足) M30(30分足)
  • 時間足・日足:H1(1時間足) H4(4時間足) D1(日足)
  • 週足・月足:W1(週足) MN(月足)

MT5の時間足【21種類】

  • 分足:M1(1分足) M2(2分足) M3(3分足) M4(4分足) M5(5分足) M6(6分足) M10(10分足) M12(12分足) M15(15分足) M20(20分足) M30(30分足)
  • 時間足・日足:H1(1時間足) H2(2時間足) H3(3時間足) H4(4時間足) H6(6時間足) H8(8時間足) H12(12時間足)
  • 週足・月足:D1(日足) W1(週足) MN(月足)

このように、MT5のほうがMT4よりも「12足」多いです。

これを見て、「時間足は多いほうが良い」と思う人がいれば、私のように「9種類で十分でしょ」と感じる人もいるわけです。

いずれにしても、参考材料の一つにはなるかと思います。

カスタムインジケータは【MT4が優勢】

カスタムインジケータについては、MT4のほうが多いです。

さらに言うと、MT4用に作られたカスタムインジケータはMT5では利用できません。

つまり、私のようにカスタムインジケータを主に使いたい人はMT4を選ぶべきです。

※下記は私が使用しているカスタムインジケータ

xmkouxakaisetumt4mt5

システムトレーダー(EA)はMT4がおすすめ

トレーダーの中には、「システムトレード」を好む人もいます。

「EA」という自動売買プログラムを駆使してトレードを行う人のことです。

そして、「自分もシステムトレードをやりたい!」という人はMT4を選択すべきです。

現状、入手できる自動売買プログラム(EA)の数は、MT4の方が圧倒的に多いからです。

もっと言うと、MT5でEAを作ろうとする開発者そのものが少ないです。

「EAはMT4が当たり前」という昔からの風潮が根強いためだと思います。

そうなると、EAの流れが今後MT5に移るとは考え辛いため、システムトレードを行いたい人はMT4にすべきだと言えます。

XM口座開設【MT4とMT5の違い・特徴】

以上のように、MT4とMT5に違いこそあるものの、特に強いこだわりがなければ「どちらでもOK」という結論になります。

特に、ビギナーの方であれば、違いにさえ気付かないレベルの話です。

そして、それがマイナスに働くわけでもありません。

「MT4だから勝てる!」「MT5だから負ける。」というようなこともあり得ません。

少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです。

>>MT4 / MT5をダウンロードする

>>XM口座開設手順:TOPページへ戻る

© 2020 XM口座開設方法の手順:日本語のやり方【完全カリキュラム】 Powered by AFFINGER5