XM口座開設【証拠金維持率・ロスカット・マージンコール】

xmkouzakaiseturosukatto

XMでFXを始めるにあたり、「証拠金」「証拠金維持率」「ロスカット」「マージンコール」について学んでおく必要があります。

全くの初心者であれば意味不明な言葉かもしれません。

ただ、FXをするなら最低限把握すべき知識であるため、きちんと理解しておきましょう。

記事の内容

  • 証拠金とは
  • 証拠金維持率について
  • ロスカットの意味と条件
  • マージンコールの発令タイミング
  • 海外業者6社を比較

順番に解説していきます。

XM口座開設:証拠金維持率・ロスカット・マージンコールとは

xmkouzakaiseturosukatto

まずは証拠金やロスカットについて簡単に説明します。

FXで言う証拠金とは、「種銭」のことです。

証拠金(種銭)を入金し、これを担保として取引を開始します。

メモ

証拠金は預金ではなく、差し入れた金額(預金の場合は「元本」に相当します)が保証されているものではありません。また、金利も付されません。さらに、差し入れた金額が全額損失となる場合もあるほか、そのうえに追加で支払が必要となる(不足金が発生する)リスクがあることが預金とは大きく異なります。

証拠金維持率・ロスカットについて

次に証拠金維持率とロスカットについてです。

証拠金維持率とは、ポジション必要証拠金に対して占める純資産額の割合のことです。

「(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100」で算出します。

証拠金維持率が高いほどレバレッジリスクは低くなります。

FXはレバレッジをかけて所持金以上の金額を扱うため、保有ポジションが証拠金(口座残高)より大きくなり過ぎないよう「証拠金維持率」を常に算出しています。

そして、証拠金維持率が低くなり、各業者が定めた危険な水準に達すると「マージンコール」が発令されます。

「このままでは危険ですよ」とマージンコールで知らせてくれるわけです。

このタイミングで入金したり、決済したりすればセーフです。

しかし、放置して業者が定めたロスカットラインを割ってしまえばポジションは自動的に強制決済されます。

これを、「強制ロスカット」と言います。

つまり、証拠金維持率やロスカットは、トレーダーの資金を保護する役割として設けられています。

証拠金維持率とマージンコールのタイミング

ロスカットされてしまう証拠金維持率とマージンコールのタイミングは、各業者によって異なります。

そこで、人気のある7つの大手海外FX業者を比較していきます。

XMトレーディング

xmkouzakaiseturosukatto

日本人に最も人気があるXMトレーディングです。

※証拠金維持率が既定水準を下回るとロスカットされる、という意味で記載してあります

XMトレーディング

  • 証拠金維持率=20%(下回るとロスカット)
  • マージンコール=40%(危険を知らせる通知)

上記の通り、証拠金維持率は20%未満でロスカット、マージンコールは40%です。

なお、約定速度が早いので、例えば20.00000001%で決済してもロスカットが起きることは極稀です。

良い・悪いは別として、ギリギリまで粘ることも可能です。

Titan FX(タイタン・エフエックス)

xmkouzakaiseturosukatto

Titan FXも人気のある海外FX業者のひとつです。

ボーナスはありませんが、スプレッドが狭く、約定速度が速いことから人気があります。

Titan FX

  • 証拠金維持率=20%(下回るとロスカット)
  • マージンコール=90%(危険を知らせる通知)

Titan FXの証拠金維持率は20%未満でロスカットです。

なお、証拠金維持率90%でマージンコールが入るので最初は驚くかもしれません。

ただ、90%で通知が来るので安心感はあります。

iForex(アイフォレックス)

xmkouzakaiseturosukatto

最も歴史がある業者がiFOREXであり、初回入金時には100%のキャッシュバックボーナスがあります。

ただ、日本人アカウントは信託保全の対象外、かつMT4非対応なところは残念です。

iFOREX

  • 証拠金維持率=0%(0%になるとロスカット)
  • マージンコール=0.25%(危険を知らせる通知)

証拠金維持率は0%でロスカット、マージンコールが0.25%という驚異の数値となっています。

先述した通り、iFOREXは信託保全対象外、MT4非対応、自動売買不可などデメリットが多いため、きちんと検討してから利用するようにしてください。

Tradeview(トレードビュー)

xmkouzakaiseturosukatto

Tradeviewは、取引コストが非常に安いのが魅力です。

おそらく、海外FX業者の中で最もスプレッドが狭いです。

ただ、ボーナスが存在せず、国内銀行送金ができません。

また、初回の最低入金額は10万円以上なので初心者には少しハードルが高めです。

Tradeview

  • 証拠金維持率=100%(下回るとロスカット)
  • マージンコール=100%(危険を知らせる通知)

証拠金維持率は100%未満でロスカットで、国内FX業者に比べても高いです。

また、マージンコールも100%なので、実質マージンコールはないと考えて良いでしょう。

FBS(エフビーエス)

xmkouzakaiseturosukatto

FBSは、最大3000倍という超ハイレバレッジや初回100%入金ボーナスなどが魅力的です。

ただ、日本語対応しているものの翻訳が甘く、分かり辛い点が残念です。

また、日本円で口座開設ができず、国内銀行送金もできません。

そうなると、やはり初心者にはハードルが高いかもしれません。

FBS

  • 証拠金維持率=20%(下回るとロスカット)
  • マージンコール=40%(危険を知らせる通知)

証拠金維持率は20%未満でロスカット、マージンコールは40%の段階であります。

GemForex(ゲムフォレックス)

xmkouzakaiseturosukatto

GemForexは、日本語対応・サポートがある海外FX業者です。

最大1000倍のハイレバレッジで、ボーナスもあります。

以前は金融ライセンスを取得していませんでしたが、現在は取得しているようです。

一定の魅力はあるものの、通貨ペアは若干少なめでDD方式を採用していることがネックです。

DD方式

DD方式とは、ディーリングデスク(Dealing Desk)の略で、相対取引、つまり投資家とFXブローカーが1対1で取引を行う方式をいいます。DD方式と称する他にもOTC取引(相対取引)、MM(マーケットメーク)方式などといった呼び方があります。トレーダーにとって不利になり易い可能性がある方式です。

GemForex

  • 証拠金維持率=20%(下回るとロスカット)
  • マージンコール=50%(危険を知らせる通知)

証拠金維持率は20%未満でロスカット、マージンコールは50%です。

Axiory(アキシオリー)

xmkouzakaiseturosukatto

Axioryは日本語対応で、一時期人気のあった海外FX業者です。

約定スピードが速いものの必要最低入金額が2万円、かつ最近では顔認証も必要になってしまったので微妙なところです。

GemForex

  • 証拠金維持率=20%(下回るとロスカット)
  • マージンコール=50%(危険を知らせる通知)

証拠金維持率は20%未満でロスカット、50%でマージンコールです。

海外FX業者比較表

これまで紹介してきた内容を元に比較表を作成しました。

業者名 証拠金維持率 マージンコール 最低入金額 最大レバレッジ スプレッド 取引方式
XM 20% 40% 約500円 888倍 広め NDD
Titan FX 20% 90% 約2万円 500倍 狭め NDD
iForex 0% 0.25% 約1万円 400倍 狭い DD
Tradeview 100% 100% 約10万円 400倍 非常に狭い NDD
FBS 20% 40% 約1万円 3000倍 狭い NDD
GemForex 20% 50% 約5000円 1000倍 狭い DD
Axiory 20% 50% 約2万円 400倍 狭め NDD

XM口座開設:証拠金維持率・ロスカット・マージンコールまとめ

記事のポイントをまとめます。

証拠金とは、「種銭」のこと
※証拠金(種銭)を担保として取引をする

証拠金維持率とは、ポジション必要証拠金に対して占める純資産額の割合のこと

  • 「(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100」で算出
  • 証拠金維持率が高いほどレバレッジリスクは低くなる

ロスカットされる証拠金維持率・マージンコールのタイミングは業者によって異なる
 ※もう一度確認する

これらを踏まえ、圧倒的にXMトレーディングがおすすめ

>>XMトレーディングで口座開設する

>>XM口座開設方法の手順:TOPページへ戻る

© 2020 XM口座開設方法の手順:日本語のやり方【完全カリキュラム】 Powered by AFFINGER5